キッチンのイヤなニオイはコレで解決! | 神奈川県藤沢市のハウスクリーニング・ホームメイドサービス。ダスキン代理店。

  • 企業情報
  • キャンペーン
  • 提供サービス
  • お客様の声
  • お掃除お役立ち
  • お問い合わせ
  • 採用情報

キッチンのイヤなニオイはコレで解決!

文字の大きさ

きれいにしているつもりでも、気がつけばキッチンのヌメりが!
食べ物を扱う場所だからこそ、常にきれいにしておきたいですよね。
ちょっとした工夫でキレイになるキッチンお手入れ方法をご紹介。
気持ちいいキッチンでおいしい料理を作りましょう。

見えないところが危険です。

kitchen_01.jpgイヤなニオイはするが何か分からない。
そんな時は、排水口に注意してみましょう。

ポイント

kitchen_03.jpgパイプ内の汚れは、油汚れや食べもののカスなどです。悪臭の原因となり、ゴキブリのすみかにもなりますので、定期的におそうじをして、清潔にしておきましょう。

準備するもの

道具
● ゴム手袋
● 柄付きブラシ(排水口ブラシや靴用ブラシなど)
● ふきん(数枚)
● バケツ

薬剤
● 酸素系漂白剤

おそうじの仕方

1. ゴム手袋をはめ、液がたれないよう端の部分を少し折り曲げます。
2. 流し台の排水口のふた、バスケットを外します。
3. さらに流し台の排水口のトラップのワンを外してから、トラップ内部を柄付きブラシで洗います。
4. 排水口の栓をして、シンクの1/2~2/3くらいまで、40~50℃のお湯をためます。
5. 酸素系漂白剤120g(グラス2/3程度)をお湯に溶かし、5分ほどそのままにしておきます。このとき外しておいたふた、ワン、バスケット、三角コーナーもいっしょにつけておきます。
6. 栓をサッと抜き、漂白剤溶液を一気に流します。水圧で汚れやゴミがとれ、きれいになり、臭いもなくなります。
7. その後、水道栓を開いて水をたっぷり流し込み、シンクの内側に残っている漂白剤を洗い流します。
8. 最後に、乾いたきれいなふきんでシンクを拭いておきます。

汚れ・ニオイを防ぐために

・天ぷら油はパイプに流さないようにします
(食用油固化剤を使うか、紙などにしみこませ、ゴミとして廃棄します)。
・バスケットにたまったものは、そのつど捨てるようにします。
・ストッキングの足先の部分、または水切りネットを、バスケットの内側にはさんでおくと、
バスケットに汚れがつきにくくなり、ニオイも防げます。
・三角コーナーや流しのまわり、排水口に、ときどき除菌スプレー(アルコールタイプ)、または
食酢や除菌剤配合の流し台まわり洗剤を排水口まわりにスプレーしておくと、菌の繁殖が防げ
、ニオイもなくなります。


プロの力で徹底的にきれいにしたいという方はプロのサービス

定期的に訪問してもらって毎日快適でいたいという方は家事代行サービス

このページの先頭へ トップページへ