冷蔵庫の庫内の汚れをとるには | 神奈川県藤沢市のハウスクリーニング・ホームメイドサービス。ダスキン代理店。

  • 企業情報
  • キャンペーン
  • 提供サービス
  • お客様の声
  • お掃除お役立ち
  • お問い合わせ
  • 採用情報

冷蔵庫の庫内の汚れをとるには

文字の大きさ

2~3か月に1回は、庫内の食品をとり出して、しっかりおそうじをしないと不衛生です。
台所用洗剤を使う方法もありますが、酸素系漂白剤を使うと、よりきれいになり、除菌効果もあるので便利です。

準備するもの

reizou_konai_1.jpg道具
● ゴム手袋※1
● スポンジ※2
● ふきん(数枚)※3
● 洗い桶
● 古歯ブラシ

薬剤
● 酸素系漂白剤※4(または台所用洗剤※5)
● 場合により アルコールタイプの除菌スプレー※6
● 塩素系漂白剤

ダスキン商品では
※1 天然ゴム手袋
※2 台所用スポンジ抗菌タイプ
※3 レンジまわりふきん
※4 台所用漂白剤(酸素系)
※5 台所用洗剤
※6 アルコール除菌剤

おそうじの手順
reizou_konai_2.jpg

1.  プラグを抜き、冷蔵庫の電源を切ります。 
2. 庫内の食品類をすべてとり出します。
3. 棚や野菜ケースなどの付属品をすべて外して、流し台のシンクに出しておきます。
4. ゴム手袋をはめ、液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
5. 酸素系漂白剤60g(グラス1/3程度)を40~50℃のお湯2㍑(バケツ1/4程度)に溶かします。
※酸素系漂白剤がない場合は、代わりに台所用洗剤を40~50℃のお湯に表示どおり薄めます(あとの手順は同様です)。

●外した棚やケース
reizou_konai_4.jpg6. スポンジを酸素系漂白剤溶液に浸しながら、とり外した棚やケースなどを拭き、汚れを落とします。
7. 汚れがとれたら、水を流して洗い、その後、水に浸し固く絞ったきれいなふきんで、水気を拭きとります。
場合によりアルコールタイプの除菌スプレーを使うのもよいでしょう。
8. 流し台などの上で、よく乾燥させておきます。

●本体の庫内
9. 酸素系漂白剤溶液にふきんを浸し、ゆるく絞ります。
10. ふきんで庫内の壁とドアの内側をていねいに拭き、汚れをとります。汚れがひどいときは、ふきんを何度もすすぎ、つねにきれいなもの、きれいな面で拭くようにします。汚れがとれるまで繰り返します。
11. 汚れがとれたら、水に浸し固く絞ったきれいなふきんで庫内全面を拭いて、漂白剤や汚れ分を拭きとります。

●パッキン
reizou_konai_5.jpg12. 歯ブラシに酸素系漂白剤溶液をつけながら、こすって汚れをとります。
※カビがある場合は、塩素系漂白剤の原液を歯ブラシにつけ、こすってください。
13. その後、水に浸し固く絞ったきれいなふきんで、残った漂白剤や汚れ分を拭きとり、乾燥させます。

●ニオイを防ぐために
活性炭脱臭剤を入れ、2~3か月に1回、とり替えます。


プロの力で徹底的にきれいにしたいという方はプロのサービス

定期的に訪問してもらって毎日快適でいたいという方は家事代行サービス

このページの先頭へ トップページへ