浴室のタイル壁の汚れ、カビをとるには | 神奈川県藤沢市のハウスクリーニング・ホームメイドサービス。ダスキン代理店。

  • 企業情報
  • キャンペーン
  • 提供サービス
  • お客様の声
  • お掃除お役立ち
  • お問い合わせ
  • 採用情報

浴室のタイル壁の汚れ、カビをとるには

文字の大きさ

目地についたカビ、水アカなどは非常に落ちにくく、カビの場合は塩素系漂白剤を使う必要があります。換気に注意し、手足をしっかり保護して行います。
(注)輸入タイルの場合、酸性洗剤や塩素系漂白剤で変色するものもあります。テストのうえお使いください。

準備するもの

bath_tile_yogore_01.jpg

道具
● ゴム手袋※1
● 浴室用靴
● デッキブラシ(柄付きブラシ)※2
またはナイロンブラシ※3
● メラミンフォームのスポンジ※4
● 平織りの布(ジーンズ地など)
● バケツ※5

薬剤
● 浴室用洗剤(中性タイプ)※6
● クレンザー※7

※1 天然ゴム手袋
※2 浴室・お掃除ミニデッキ
※3 タイル目地洗いブラシ
※4 エコスポンジ
※5 バケツ12リットルフタ付
※6 風呂・化粧室用洗剤
※7 クリームクレンザー

おそうじの手順

1. 窓やドアを開け、換気扇をまわして換気をよくします。
2. ゴム手袋をはめ、液がたれないよう端の部分を少し折り返します。また浴室用靴をはき、足を保護します。
bath_tile_yogore_03.jpg3. 壁全体にシャワーなどでたっぷりお湯をかけます。
4. 浴室用洗剤を表示どおり薄め、デッキブラシ(柄付きブラシ)またはナイロンブラシに洗剤をつけながら壁の全面を洗います。
5. 目地の部分などのとれない汚れは、メラミンフォームのスポンジを水で湿らせてこすりとります(または平織りの布にクレンザーをつけてこすりとります)。
6. その後、壁全面に水をかけて残った汚れや洗剤分を洗い流し、風通しをよくして乾燥させます。

●日常のお手入れ
湯上がり後、壁全体にシャワーでお湯か水をかけ、その日のうちに汚れを落として換気をよくしておきます。

プロの力で徹底的にきれいにしたいという方はプロのサービス
定期的に訪問してもらって毎日快適でいたいという方は家事代行サービス
このページの先頭へ トップページへ